プロフェッショナルスレンダーメイクレギンスの6段階着圧設計とは?

プロフェッショナルスレンダーメイクレギンスの6段階着圧設計とは?

プロフェッショナルスレンダーメイクレギンスは独自の6段階着圧設計をしています。





なぜ、6段階となっているかというと、着圧をかえることによりヒップがあがるように補正され、さらに足首部分はより細くみえるように設計されています。


具体的に見ていきましょう。


まず着圧は、ウエストから足首にかけて下記のように6段階になっています。





1.ウエスト:11.8hpa

2.太もも上部:12.4hpa

3.太もも下部:8.2hpa

4.ふくらはぎ上部:14.7hpa

5.ふくらはぎ下部:17.3hpa

6.足首:20.0hpa



太もも上部の着圧は12.4hpaとなっており、ウエストの着圧である11.8hpa、そして太もも下部の8.2hpa、よりも高めの着圧設計となっています。


太もも上部の着圧により、ヒップのお肉を上にあげるイメージです。


つまり、ヒップの下の太もも上部の着圧を大きめにすることでヒップアップ効果をもたらします。


これが、下半身のヒップまわりの構造です。


さて、下半身の下部にいきましょう。


足首の着圧は20.0hpaと、ふくらはぎ上部の14.7hpaや、ふくらはぎ下部の17.3hpaといった値より大きめの値となっています。


つまり、足首を集中的に加圧することでふくらはぎより、相対的に細く見せようとする工夫がなされているわけです。


こういった独自の6段階着圧設計によりただ、なんとなく下半身を全体的に加圧するのではなく、メリハリのある美ボディになるように着圧をコントロールしているのです。



>>トップページにもどる


 

サイトマップ